メニュー 閉じる

リムブレーキは不滅…のはずなんだが…

梅雨明け以降、暑さが容赦ない西五反田1丁目…こちらだけではございませんが。

STYLE-B ホイール担当です。

すっかりディスクブレーキ化が顕著なスポーツバイク、廉価なクロスバイクにもオイル制御のディスクブレーキ標準装備の昨今、「どっこい」なお話です。どっこいどっこい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、もうこの赤箱はお目にかかれなくなる可能性…名品「SUZUE(スズエ)」クラシックハイフランジ、です。

かつては日本のブランドでしたが、今は台湾資本でハイポリッシュ&ハイクォリティーハブを供給してくれておりました。

いよいよ問屋さんが在庫限りの表示をしてまいりましたので…

ご覧ください、この佇まい。スムーズな回転軸、高めでノッチ多めなラチェット音のフリーボディ…

 

ハイフランジのみの展開ですが、ゴールドラベルは、Rボスフリー用の対にになるF用ですが、在庫ございますちなみに…

 

ハイ、今回はホイール組のご依頼で、リムお持ち込みでした。

スポークは弊社取扱い品からお選び頂きました。

 

 

いかがですか、ホイール化されてこそのハブですね、いい働きしてくれそうな面構え。

F/Rとも、クイックレリーズは付属しませんので、お好みで。

 

店内にはリム/ハブ/スポークから組み上げたホイールセットが無造作に…

こちらはトラックハブですがやはり「SUZUE(スズエ)」プロマックスx前田工業サンツアーの残党が反撃の狼煙「サンエクシード」ポリッシュリム。

 

 

店内上空には在庫リムスペースが…おもに「アンブロシオ」が多いですが、本国生産/問屋仕入ともに終了につき、在庫限りですぞ!!

 

ハブ類も、スズエをはじめ、シマノがメインになっておりますが…

 

 

作例です。生産在庫のあやしいコンビになってしまいましたが、カンパニョーロ・レコードハブxアンブロシオ・レボリューション(緑)に、

一世代まえの横ロゴ105のHB-5800-Lxアンブロシオ・レボリューション(赤)。

 

いずれも弊社店舗A棟/B棟に展示してございますので、イメージの一助になりましたら。

 

さて、ここで表題の件ですが、ディスクブレーキがここまで普及してしまうと、リムサイドを挟んで擦って止まる制動装置って…

という疑念が起こってもおかしくはないでしょう。

実際、タイヤ/チューブを保持する輪状の構造体の側面をこすり続けるのが健全な制動装置と云えるのか…ゆるやかに構造体を破壊してるじゃないか!

悪天候でも毎日、長時間・長距離走った経験から申しますと、リムサイドはそう簡単に割れません。

ある時期から、リムサイドに摩耗具合のリミット目安となるディンプルやグルーヴが打たれて来て、把握しやすくなったのもまともな感覚の改善策です。

トータルで軽量に、シンプルに出来るリムブレーキは衰退したかに見えましたが、ロードバイクでは上位モデルにしっかり存在しているということは…

 

コンポーネントメーカー側の規格に、フレームメーカー/ビルダー、リムメーカーは追随せざるを得ないわけですから、Sh社、C社、Sr社などが止めない限りは存続するでしょう。

リムが選べなくなって来ているのは事実で、かつて650AやBのリムを探し回っていた層のように、デッドストックあさりをする日が来ないこと願います。

インスタグラムも毎日更新中!!

是非フォロー&イイネ!@styleb0313お願いします

 

STYLE-BアクセスMAP
JR五反田駅から徒歩5
東急池上線大崎広小路駅徒歩1

営業時間11時~19時(水曜定休)

コインランドリーは24時間営業

 

 

 

運営会社:日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)
Copyright © 2021
Nippon Computer Dynamics Co., Ltd.
All Rights Reserved